子供が生まれて離職した

私は20歳を過ぎてすぐに看護師の資格を取ったのですが、6年間働いて結婚して出産した事をきっかけに看護師の仕事をやめました。看護師の仕事そのものが嫌だったわけではなく、出産したことによって子育てに集中したいという気持ちが大きくなり、家庭の収入は主人に任せて私は専業主婦になりました。今でも専業主婦を続けていますが、近所のクリニックで人出が足りないときなどは時々お手伝いに出かけることもあります。前のように病棟で毎日勤務するというのは難しい状況ですが、時々の手伝いであれば負担になってしまう事もないし、看護師の仕事を忘れずにいられるので良いですね。

いずれ子供が大きくなれば再び看護師の仕事に戻るかもしれませんが、今現在は本格的に考えていません。子供を抱えながらでも看護師を続けている人はたくさんいると思いますが、私の場合には両立することは難しいと思ったし、自分にもそんな余裕はないと思ったので職場を離れました。やっぱり子供の成長を間近で見ることができるというのはとても幸せなことだと思っています。子供に寂しい思いをさせる事もないし、私自身も離れていて子供の心配をするなんて言う事もありません。

タイミングがあればいつか復帰したい

生活そのものもさほど苦しいわけではありませんが、もう少し子供が大きくなってくると、きっと生活も苦しくなるだろうから、その時には私も復帰を考えなくてはならないと思っています。でもその時には夜勤があるような交代制の職場ではなく、日勤専従のような職場を見つけたいと思います。

以前働いていた職場の看護師に仲の良い人がいるので時々職場の話を聞いたりすることもありますが、やっぱり看護師の仕事っていいなと思うことが多々あります。看護師の資格はなくなってしまうわけではないので、いつでも働くことができるし、いずれ余裕ができれば時間を考えて働きたいと考えています。その時にタイミング良く職場が見つかるといいな。でも今は子供もまだ小さいし、まずは子供の気持ちを優先してしばらくは専業主婦を続けようと思っています。仕事を見つけるのはタイミング次第だと思っているし、無理に働いても子供も私も寂しい思いをしたり、必要以上の心配をしなければならないから、そういった状況がしっかりクリアされるようになってから働いても遅くはないと思っています。看護師だからといって働き続けなければいけない訳じゃないし。やっぱり自分の私生活を最優先にしなければなりませんよね。