資格を生かして教育している

唐突かもしれませんが、看護師の資格は一度取得してしまえば、よほどのミスなどをしない限り剥奪されることありません。ですから病棟で働かなくても看護師として働き続けていく事は可能ですよね。私はある程度年齢を感じてから、夜勤などで働く事は難しいと思い職場を離れましたが、その後看護師の資格を活かしてこれから看護師になる学生の教育をしています。1人でも多くの学生が前を向いて立派な看護師になってくれるように、私は自分が経験してきたことを教えるようにしているのですが、嘘偽りなく辛いことなどもしっかりと教えてあげることによってその分覚悟を決めて看護師を目指してくれる学生が増えてくれることを望みます。

看護師が不足していると言われている状態なので、看護師の良い部分ばかりを見て看護師を増やそうとしている指導者がいますが、私の場合には反対にしっかりと覚悟を決めた上で看護師を目指して欲しいと思っているので自分の信念を貫いています。看護師になると、自分で思ってる以上に辛い場面に出くわすこともありますし、自分で思ってる以上に仕事そのものが辛いと感じてしまうようなことや体力的に厳しいと感じてしまうことがあります。こういった部分について良い事ばかりを目的に看護師を目指すのではなく、しっかりと辛い部分を知った上で覚悟を決めて看護師になってほしいです。

看護師の重大さを知る

確かに看護師は生涯続けることができる仕事なので安定感は抜群だと思いますが、上記のように大変だと思うような事もたくさんあるので、やっぱりしっかりと覚悟を決めた上で看護師を目指してもらわなければ困ります。中途半端な覚悟で看護師を目指しても途中で仕事を投げ出したり、仕事が分からなくなってしまい、本人が困るなんて言う事もあるので、私は他の指導者とは反対に辛い部分を強く指導するようにしています。

もちろん学生の中には辛い部分を知り、看護師目指すことができないと諦める人もいますが、それはそれで仕方ないと思っています。反対に覚悟をしっかりとする事ができなければ、実際に看護師として働きだしてから仕事を投げ出すことになるので、そうなる前の段階で自分の中で判断することはとても重要ですね。看護師の立場、そして看護師の仕事内容というのはそれほどにも重大なものであり、簡単な職業ではないということをもっと知ってほしいと思っています。

 

  • 最近の投稿